缶生ビール第一弾『缶生 DEEP LOCAL-session IPA-』は、横浜のクラフトビール メーカー「横浜ビール」より発売された新シリーズ。新ブランドの展開においてラベル、ロゴ、POPデザインの企画制作を担当。

樽ほど大きくない、瓶ほど重たくない「缶生ビール」をコンセプトに、無濾過非加熱で、醸造士が工場で飲むビールの味わえる缶ビール。

工場直送感を演出することに着目し、現場でタイプされ出てきたような伝票をイメージしデザイン。缶ビールを飲食店で提供するということをポジティブに捉えてもらえるよう、銀の紙を用いて缶としての存在感をあえて強調させ、本来は裏面に表示される成分表示をメインにして野生的な無骨さを強調。

そしてクラフトビール という手作り感を出すため、醸造家本人のサインを取り入れた。
横浜ビールはレストランの中に醸造所がある恵まれた環境下でビールを製造ししており、その背景を感じてもらえることも意識。「缶生」という新ジャンルを築き、かつ将来のロングセラーを思わせるため、シンプルで洗練されたデザインを狙った。

Product Name:「缶生 DEEP LOCAL-session IPA-」ラベル、広告デザイン
Price : 680円(tax in)
Channel :そごう横浜店、横浜高島屋、東急たまプラーザ 、日吉東急アベニュー本館1F東急フードショー和洋酒売場、京急百貨店上大岡、伊勢丹 新宿店、セブン-イレブン 横浜ハンマーヘッド店、セブン-イレブン宮川町店 他
Spec : 350ml
Origin : 横浜
Coordinator : Hayati Yokouchi
Art Direction , Design : Kaoru Kimura(14product)
Photo : Ali Kudo